ホーム > 工業デザイン 筐体設計 試作 > 試作 少量生産

試作 少量生産

 

 

最適な製造方法、選びます

 

試作や少量生産には、いろいろな方法があります。
最適な製造方法で最適なコストを狙います。

試作 少量生産イメージ

 

 

いろいろな製造方法   射出成形   光造形   真空注型   板金   ドライカーボン

 

光造形・レーザー焼結  数量が1個~ 試作などに

3Dデータを元に簡単に造形が出来、試作検証のスピード化が可能です。切削では困難な自由曲面や、複雑な構造、アンダーカットなどに適している工法です。

 

光造型イメージ
切削  数量が1個~ 高品位な試作品

NCフライス、NC旋盤、マシニングセンターなどを使用し、製品形状を削り出します。 数値制御による切削加工は、各種樹脂類、非鉄金属類・鋼材など幅広い材料を加工出来ます。

 

注型  数量が5~50個 金型代をかけない方法

シリコンゴムを使用した一般的なものから、色数にとらわれないMCキャスティング、SL(シリコンレス)キャスティングなど幅広く対応出来ます。少量の試作モデルに最適で、熱可塑性樹脂に近い製品も製作可能です。

 

射出成型(簡易金型)  数量が50~1000個 高品位な少量生産に

金型のコア材質をアルミ製とし、キャビをカセット式にした簡易金型を採用することにより、 初期費用を本型の約1/2に抑えます。射出成型なので本物の品質。最大ショット数2000程度まで。

 

CFRPカーボン製品  超軽量、高強度の新素材

CFRP(ドライカーボン・炭素繊維強化熱硬化性プラスチック)は、軽い、強い、剛性が高い、疲労強度が高い、電気・熱の伝導性に優れている、耐熱性に優れているなど、これからの時代をリードする複合材料です。

 

 

最適な製造方法で最適なコストを狙います

 

いろいろな製造方法を知っています

設計デザイン事務所だからこそ、いろいろな製造方法のいいところや良くないところを知っています。製品の数量、納期、コスト、品質等から最適な製造方法を選定します。

 

設計デザインや3Dモデルデータ制作もお任せ下さい

当然ですが、アドライズでは機構や筐体の加工方法まで考えて設計しております。設計や3Dモデルデータ制作もお任せいただけます。

 

 

お問い合わせの方法

電話、メール、ファックスなど、まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。窓口担当が案件についてお伺いさせていただきます。その後、専門の技術スタッフが、詳しい内容をご確認させていただきます。

 

お知らせいただく内容

1.社名 2.ご担当者名 3.お電話番号 4.FAX番号 5.品名 6.製品寸法(※) 7.参考資料 8.必要数量 9.加工材料 10.寸法精度 11.表面精度 12.耐熱 13.対候 14.その他求められる事 15.納期 16.材質

※3Dデータをお送り頂けましたら、より正確にお答えする事が出来ます。

 

お問い合わせ

電話:0266-55-2097

FAX:0266-55-5703

まずは、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

pagetop.png