ホーム > 工業デザイン 筐体設計 試作 > 光造形

光造形

 

光造形とは

 

hikari06_1.jpg

 

積層造形を基本にした製作方法です。薄い層(紙や樹脂など)を積み重ねて立体を造形します。そのRPの種類のひとつが光造形法と呼ばれています。

原則的にRPには3次元CADが不可欠で、コンピュータ上にモデリングされた立体を一定の高さ毎にスライスし、その一層毎のデータを、光硬化性樹脂にレーザーを照射する事で固体化し積み上げます。

このように、金型を作らず3Dデータから短時間で精密な立体物を製作できます。

 

材料

 

エポキシ系紫外線硬化樹脂という液体のプラスチックです。ABSタイプの樹脂もあります。

 

用途

 

・量産前の形状のチェック

・厚さを持った製品の検証

・複製品を製作するためのマスターモデル

・少量生産の部品

など

 

メリット

 

どのような複雑な立体でも3Dデータさえあれば、形にする事が出来ます。CADデータから、表面だけでなく裏表完全な立体物を成形できます。

金型を使用しないため、金型を製作する時間も掛からず、納期などの時間が短縮し金型製作代が掛かりません。

 

デメリット

 

樹脂の種類にもよりますが、出来上がった光造形品は、強い衝撃などに弱く、 耐光性が弱いので保管には十分な注意を必要とします。光に長時間当てたまま時間が経過すると、変色してしまうという性質も持っています。微細形状は苦手で、微細形状があっても造形に支障はありませんが、その部分は造形されずに消えてしまう事があります。

 

 

 

 

 

pagetop.png