ホーム > 工業デザイン 筐体設計 試作 > 板金

板金

 

板金とは

 

板金とは、金属を薄く平らな形状に形成したものを示すとともに、金属板を、プレス金型を用い板の形状を変化をさせたり、切断加工や曲げ加工、くりぬきにより目的とする状態に形成・整形することをいいます。板金には、機械板金、自動車板金、建築板金があります。中でも機械板金は、非常に高い精度を要します。加工機械には、レーザーや放電といった高密度エネルギーからエレクトロニクス、コンピューター等のハイテク技術が搭載され、新素材、複合材といった研究も進み、板金はますます発展しています。

 

材料

 

鉄、アルミ合金、ステンレス、銅、真鍮など、様々な材料が使われます。

 

用途(機械板金)

 

・各種機器、装置の筐体

・各種機器、装置の部品

・各種容器

など

 

メリット

 

材料、製作ロット数や加工方法によりそれぞれメリット・デメリットがありますが、板金加工には、様々な加工方法を組合わすことができ、コストダウンを行うのに最も適しています。

 

デメリット

 

加工方法によっては緊急の大量生産が難しいことです。

 

 

 

 

pagetop.png